東野 正幸 (Higashino, Masayuki)

連絡先

鳥取大学 総合メディア基盤センター ICT基盤研究開発部門 助教 東野 正幸
宛先: 〒680-8552 鳥取県鳥取市湖山町南四丁目101番地
Email: higashino [at] tottori-u.ac.jp (業務に関する事)
Email: msyk [at] hgsn.info (個人宛)

SNS

所属学会

研究分野

  • モバイルエージェント
  • エージェントシステム
  • 分散システム
  • 情報セキュリティ
  • オープンデータ

研究内容

  • モバイルエージェントシステムのデバッグ環境に関する研究
  • モバイルエージェントシステムの高性能化に関する研究
  • モバイルエージェントフレームワークMaglogの開発に関する研究
  • 分散型e-Learningシステムに関する研究
  • 不審メール対応訓練システムに関する研究
  • オープンデータに関する研究

興味

モバイルエージェント、分散システム、プログラミング、情報セキュリティ、公共交通システム、医療情報工学、情報教育、オープンデータ


業績

学術雑誌論文(査読付き)

  1. Masayuki Higashino, Toshiya Kawato, Takao Kawamura, “A Design with Mobile Agent Architecture for Refactoring a Monolithic Service into Microservices,” Journal of Computers, vol. ?, no. ?, pp. ?-?, 2018. (accepted)
  2. Toshiya Kawato, Shin-Ichi Motomura, Masayuki Higashino, Takao Kawamura, “Auto-Construction for Distributed Storage System reusing Used Personal Computers,” Journal of Computers, vol. ?, no. ?, pp. ?-?, 2018. (accepted)
  3. Masayuki Higashino, Toshiya Kawato, Takao Kawamura, “A Design for Application of Mobile Agent Technology to MicroService Architecture,” International Journal of Computer, Electrical, Automation, Control and Information Engineering, vol. 12, no. 2, pp. 53-57, 2018.
  4. 東野 正幸, 高橋 健一, 川村 尚生, 菅原 一孔, “GAPを用いたキャッシュによるエージェントの同時集中移動時における通信量の削減,” コンピュータソフトウェア, vol. 31, no. 3, pp. 168-177, 2014.
  5. Masayuki Higashino, Tadafumi Hayakawa, Kenichi Takahashi, Takao Kawamura, Kazunori Sugahara, “Management of Streaming Multimedia Content using Mobile Agent Technology on Pure P2P-based Distributed e-Learning System,” International Journal of Grid and Utility Computing, vol. 5, no. 3, pp. 198-204, 2014.
  6. Masayuki Higashino, Kenichi Takahashi, Takao Kawamura, Kazunori Sugahara, “Evaluation of Program Code Caching for Mobile Agent Migrations,” Computer Technology and Application, vol. 4, no. 7, pp. 356-363, 2013.
  7. 東野 正幸, 高橋 健一, 川村 尚生, 菅原 一孔, “キャッシュによるエージェントの移動効率化,” 電子情報通信学会論文誌, vol. J96-D, no. 7, pp. 1576-1584, 2013.

国際会議論文(査読付き)

  1. Masayuki Higashino, Toshiya Kawato, Takao Kawamura, “A Design with Mobile Agent Architecture for Refactoring a Monolithic Service into Microservices,” In Proceedings of the 2018 6th International Conference on Network and Computing Technologies, pp. 1-10, Singapore, 2018.
  2. Toshiya Kawato, Shin-Ichi Motomura, Masayuki Higashino, Takao Kawamura, “Auto-Construction for Distributed Storage System reusing Used Personal Computers,” In Proceedings of the 2018 6th International Conference on Network and Computing Technologies, pp. 1-8, Singapore, 2018.
  3. Masayuki Higashino, Toshiya Kawato, Takao Kawamura, “A Design for Application of Mobile Agent Technology to MicroService Architecture,” In Proceedings of the ICCNC 2018: 20th International Conference on Computer Networks and Communications, pp. 422-425, Bangkok, Thailand, 2018.
  4. Toshiya Kawato, Shin-ichi Motomura, Masayuki Higashino, Takao Kawamura, “Attempt to Reuse Used-PCs as Distributed Storage,” In Proceedings of the ICCNC 2018: 20th International Conference on Computer Networks and Communications, pp. 426-429, Bangkok, Thailand, 2018.
  5. Masashi Inoue, Tamami Imado, Masayuki Higashino, “Development of a Computerized Educational Tool and Practical Lesson about Safety on Social Networking Service,” In Proceedings of the 2017 9th International Conference on Education Technology and Computers, pp. 149-152, Barcelona, Spain, 2017.
  6. Masayuki Higashino, “Application of Mobile Agent Technology to MicroService Architecture,” In Proceedings of the 19th International Conference on Information Integration and Web-based Applications & Services, pp. 526-529, Salzburg, Austria, 2017.
  7. Shin Osaki, Masayuki Higashino, Kenichi Takahashi, Takao Kawamura, Kazunori Sugahara, “A Framework to Mitigate Debugging Difficulty on Agent Migration,” In Proceedings of the 7th International Conference on Agents and Artificial Intelligence, pp. 190-197, Lisbon, Portugal, 2015.
  8. Masayuki Higashino, Shin Osaki, Shinya Otagaki, Kenichi Takahashi, Takao Kawamura, Kazunori Sugahara, “Debugging Mobile Agent Systems,” In Proceedings of the 15th International Conference on Information Integration and Web-based Applications & Services, pp. 667-670, Vienna, Austria, 2013.
  9. Masayuki Higashino, Tadafumi Hayakawa, Kenichi Takahashi, Takao Kawamura, Kazunori Sugahara, “Management of Streaming Multimedia Content using Mobile Agent Technology on Pure P2P-based Distributed e-Learning System,” In Proceedings of the 27th IEEE International Conference on Advanced Information Networking and Applications, pp. 1041-1047, Barcelona, Spain, 2013.
  10. Masayuki Higashino, Tadafumi Hayakawa, Kenichi Takahashi, Takao Kawamura, Kazunori Sugahara, “Multimedia Streaming with Caching on Pure P2P-based Distributed e-Learning System using Mobile Agent Technologies,” In Proceedings of the 2nd International Conference on Electrical Engineering and Computer Sciences, pp. 661-669, Tokyo, Japan, 2013.
  11. Masayuki Higashino, Kenichi Takahashi, Takao Kawamura, Kazunori Sugahara, “Effective Mobile Agent Migration Mechanism on Load Distribution System,” In Proceedings of the 2nd International Conference on Electrical Engineering and Computer Sciences, pp. 653-660, Tokyo, Japan, 2013.
  12. Tadafumi Hayakawa, Masayuki Higashino, Kenichi Takahashi, Takao Kawamura, Kazunori Sugahara, “Management of Multimedia Data for Streaming on a Distributed e-Learning System,” In Proceedings of the 26th IEEE International Conference on Advanced Information Networking and Applications Workshops, pp. 1282-1285, Fukuoka, Japan, 2012.
  13. Masayuki Higashino, Kenichi Takahashi, Takao Kawamura, Kazunori Sugahara, “Mobile Agent Migration Based on Code Caching,” In Proceedings of the 26th IEEE International Conference on Advanced Information Networking and Applications Workshops, pp. 651-656, Fukuoka, Japan, 2012.
  14. Masayuki Higashino, Kenichi Takahashi, Takao Kawamura, Kazunori Sugahara, “Data Traffic Reduction for Mobile Agent Migration,” In Proceedings of the 4th International Conference on Agents and Artificial Intelligence, vol. 2, pp. 351-354, Vilamoura, Portugal, 2012.
  15. Masayuki Higashino, Toshihiko Sasama, Takao Kawamura, Kazunori Sugahara, “A Method of Transparent Swapping Control for Mobile Agents,” In Proceedings of the SICE Annual Conference 2010, pp. 575-576, Taipei, Taiwan, 2010.

国内会議(査読または審査あり)

  1. 今度 珠美, 東野 正幸, 井上 仁, “特別支援学校高等部におけるSNSシステムを活用した情報モラル教育の実践と課題,” In 日本アクティブ・ラーニング学会第1回全国大会予稿集, pp. 35-36, 2017.
  2. 東野 正幸, 浅井 秀子, 山田 憲昭, 澤田 廉路, “FOSS4Gによる誰でも作れる古地図アプリ基盤「考古地図(cocomaps)」の開発,” In FOSS4G 2016 TOKYO Core Day, 2016.
  3. 東野 正幸, 高橋 健一, 川村 尚生, 菅原 一孔, “GAPを用いたキャッシュによるエージェントの同時集中移動時における通信量の削減,” In 合同エージェントワークショップ&シンポジウム2013予稿集, pp. 11-13, 2013 (採択率: 23%).
  4. 東野 正幸, 本村 真一, 笹間 俊彦, 川村 尚生, 菅原 一孔, “キャッシュによるモバイルエージェントの移動高速化,” In 第9回情報科学技術フォーラム講演論文集, vol. 9, no. 4, pp. 91-95, 2010 (採択率: 50.6%).

研究報告(査読なし)

  1. 東野 正幸, “モノリシックサービスからマイクロサービスへの構造変更を容易化するためのウェブアプリケーションフレームワークの検討,” In 情報処理学会研究報告, vol. 2018-DPS-174, no. 34, pp. 1-4, 2018.
  2. 東野 正幸, 川戸 聡也, 大森 幹之, 川村 尚生, “仮名化による個人情報の保護に配慮したパブリッククラウド型フィッシングメール対応訓練システムの運用と今後の展開,” In 情報処理学会研究報告, vol. 2018-CSEC-80, no. 19, pp. 1-6, 2018.
  3. Motoyuki Ohmori , Masayuki Higashino, Toshiya Kawato, Satoshi Fujio, Takao Kawamura, “On Automation and Orchestration of an Initial Computer Security Incident Response,” In 情報処理学会研究報告, vol. 2018-IOT-40, no. 29, pp. 1-6, 2018.
  4. 東野 正幸, 川戸 聡也, 大森 幹之, 川村 尚生, “仮名化による個人情報の保護に配慮したパブリッククラウド型フィッシングメール対応訓練システムの開発,” In 情報処理学会研究報告, vol. 2017-CSEC-78, no. 38, pp. 1-4, 2017.
  5. Motoyuki Ohmori , Masayuki Higashino, Shinichi Kawanari, Satoshi Fujio, Kiyoyuki Nakashima, Naoki Miyata, Shinichi Motomura, “On a Computer Security Incident Response System,” In 情報処理学会研究報告, vol. 2017-IOT-38, no. 11, pp. 1-6, 2017.
  6. 川戸 聡也, 本村 真一, 東野 正幸, 川村 尚生, “使用済みパソコンを再利用したストレージの構築に関する検討,” In 情報処理学会研究報告, vol. 2017-IOT-38, no. 16, pp. 1-6, 2017.
  7. 東野 正幸, “高等教育機関のためのソフトウェア資産管理ツールの開発の検討,” In 情報処理学会研究報告, vol. 2016-IOT-34, no. 3, pp. 1-2, 2016.
  8. 東野 正幸, 川村 尚生, 井上 雅彦, “強度行動障害のある人の支援を目的とした行動測定支援アプリケーションと情報共有支援システムの検討,” In 電子情報通信学会技術研究報告, vol. 114, no. 497, pp. 41-43, 2015.

国内会議(査読なし)

  1. 東野 正幸, 今度 珠美, 井上 仁, “情報モラル教育のための双方向型授業の実施を目的としたチャットシステムにおける教師支援機能の検討,” In 情報処理学会第80回全国大会講演論文集, pp. ?-?, 2018. (to appear)
  2. 川戸 聡也, 本村 真一, 東野 正幸, 川村 尚生, “使用済みパソコンを再利用した分散ストレージシステム,” In 情報処理学会第80回全国大会講演論文集, pp. ?-?, 2018. (to appear)
  3. 東野 正幸, 川戸 聡也, 大森 幹之, 川村 尚生, “仮名化による個人情報の保護に配慮したパブリッククラウド型フィッシングメール対応訓練システムの実装と運用,” In 第21回学術情報処理研究集会発表論文集, pp. 69-74, 2017.
  4. 東野 正幸, 川村 尚生, “モバイルエージェント技術によるウェブサービスのマイクロサービスアーキテクチャ化に関する一考察,” In 合同エージェントワークショップ&シンポジウム2017予稿集, pp. 344-345, 2017.
  5. 今度 珠美, 東野 正幸, 井上 仁, “SNSの適切な利用を学ぶ情報モラル教育教材の開発と特別支援学校での授業実践,” In 日本教育工学会第33回全国大会講演論文集, pp. ?-?, 2017.
  6. 東野 正幸, 川村 尚生, “論理的モバイルエージェントフレームワークの開発とマイクロサービスアーキテクチャとの調和,” In 合同エージェントワークショップ&シンポジウム2016予稿集, pp. 235-236, 2016.
  7. 井上 仁, 東野 正幸, “メディアリテラシー教育の支援を目的としたSNSシステムの開発,” In 日本教育工学会第32回全国大会講演論文集, pp. ?-?, 2016.
  8. 東野 正幸, 灘本 拓, 高橋 健一, 川村 尚生, 菅原 一孔, “モバイルエージェントシステムのデバッグに関する研究の展望,” In 合同エージェントワークショップ&シンポジウム2015予稿集, pp. 185-186, 2015.
  9. 灘本 拓, 高橋 健一, 東野 正幸, 川村 尚生, 菅原 一孔, “モバイルエージェントシステムのためのエージェント検索機能の提案,” In 合同エージェントワークショップ&シンポジウム2015予稿集, pp. 187-188, 2015.
  10. 東野 正幸, 灘本 拓, 高橋 健一, 川村 尚生, 菅原 一孔, “モバイルエージェントの検索機能の検討,” In 情報処理学会第77回全国大会講演論文集, pp. 3-67-3-68, 2015.
  11. 東野 正幸, 嶽 広一, 高橋 健一, 川村 尚生, 菅原 一孔, “教育機関における授業利用を想定した分散型e-Learningシステムの検討と性能評価,” In 情報処理学会第77回全国大会講演論文集, pp. 4-515-4-516, 2015.
  12. 尾崎 槙, 東野 正幸, 高橋 健一, 川村 尚生, 菅原 一孔, “モバイルエージェントの移動に対応した動的デバッグ手法の提案,” In 合同エージェントワークショップ&シンポジウム2014予稿集, pp. 333-336, 2014.
  13. 灘本 拓, 尾崎 槙, 東野 正幸, 高橋 健一, 川村 尚生, 菅原 一孔, “モバイルエージェントデバッグ用検索機能の検討,” In 電気・情報関連学会中国支部第65回連合大会講演論文集, pp. 245-246, 2014.
  14. 尾崎 槙, 太田垣 真也, 東野 正幸, 高橋 健一, 川村 尚生, 菅原 一孔, “モバイルエージェントシステムのためのリモートデバッガの検討,” In 第12回情報科学技術フォーラム講演論文集, vol. 12, no. 4, pp. 215-218, 2013.
  15. 太田垣 真也, 尾崎 槙, 東野 正幸, 高橋 健一, 川村 尚生, 菅原 一孔, “エージェント間の部分的な協調関係に着目したモバイルエージェントシステムのデバッグ手法の提案,” In 第12回情報科学技術フォーラム講演論文集, vol. 12, no. 4, pp. 211-213, 2013.
  16. 東野 正幸, 本村 真一, 川村尚生, 笹間 俊彦, 菅原 一孔, “コードキャッシングによるモバイルエージェントの高速な移動手法の提案,” In 第8回情報科学技術フォーラム講演論文集, vol. 8, no. 4, pp. 353-358, 2009.

研究助成

研究代表者

  1. 2015年度〜2018年度: 日本学術振興会 科学研究費 若手研究(B)「分散環境におけるモバイルエージェントの動的デバッグ手法に関する研究」研究代表者(総額4,030千円)
  2. 2014年度: 日本学術振興会 科学研究費 研究活動スタート支援「モバイルエージェントのデバッグ手法に関する研究」研究代表者(総額1,430千円)

研究分担者

  1. 2016年度〜2018年度: 日本学術振興会 科学研究費 基盤研究(C)「疑似SNSを利用した実践的情報モラル教育法の開発と評価に関する研究」研究分担者(総額4,290千円)

教育

講義

鳥取大学
  • 鳥取大学 全学共通科目「情報リテラシ」 (2015-2018年度 前期)

講師

鳥取大学
放送大学
  • 放送大学 鳥取学習センター 面接授業 基盤科目「新・初歩からのパソコン」講師 (2017/12/02-03, 2018/06/09-10)
  • 放送大学 鳥取学習センター 特別セミナー「パソコン初歩の初歩」講師 (2015/03/10-11, 14-15)
鳥取県
  • 鳥取県自治体ICT共同化推進協議会 平成29年度第4回鳥取県自治体ICT共同化推進協議会ICT人材育成合同研修会「官民データ活用推進計画及びオープンデータ推進研修会」, 「自治体が公開するオープンデータの活用事例」講師 (2018/02/19)
  • 平成29年度鳥取県地域情報化セミナー, 「オープンソース文化とシビックテックの導入による地域情報化の推進」事例発表 (2017/5/26)
鳥取市
  • 鳥取市オープンデータ推進に係る職員研修, 「まちづくりにおけるオープンデータ推進の意義」講師 (2017/08/17)
倉吉市
  • 倉吉市教育委員会・鳥取大学総合メディア基盤センター連携講座, 「インターネットを用いた情報発信技術とその利用」講師 (2017/11/18)
  • 倉吉市教育委員会・鳥取大学総合メディア基盤センター連携講座, 「デジタルコンテンツの作成と発信ワークショップ〜情報機器を活用して、情報を発信しよう〜」講師 (2016/09/10, 09/24)
  • 倉吉市教育委員会・鳥取大学総合メディア基盤センター連携講座, 「初心者向けパソコン教室」「ゼロからのパソコン入門」講師 (2015/07/04, 11/20)

リサーチ・アシスタント

  • 鳥取大学大学院 工学研究科「バスネットの次世代インタフェース開発」 (2013/07/16-2014/03/31)
  • 鳥取大学大学院 工学研究科 「バスネットの新ユーザインタフェース開発補助」 (2012/06/01-2013/03/31)

ティーチング・アシスタント

  • 放送大学 鳥取学習センター「初歩からのパソコン」 (2014/05/31-06/01)
  • 鳥取大学 工学部「ソフトコンピューティング論」 (2011/07/27)
  • 鳥取大学 工学部「情報工学演習IV」 (2009/11/01-2010/03/01)
  • 鳥取大学 工学部「知能情報工学実験III」 (2009/10/01-2010/03/01)

社会貢献

学外委員

  • 2015年度: 平成27年度鳥取県オープンデータ・ビッグデータ活用検討会委員
  • 2015年11月11日: 公益財団法人 とっとり県民活動活性化センター Webサイト改修・運用保守業務委託業者選定委員会委員
  • 2014年10月25日: 平成26年度(第65回)電気・情報関連学会中国支部連合大会審査員
  • 2014年度: 平成26年度鳥取県オープンデータ・ビッグデータ活用検討会委員

事業助成

  • 平成27年度鳥取力創造運動支援補助金(1次募集分)採択、Code for Tottori、第1回オープンデータ・ハッカソンin鳥取、共同実施者
  • アーバンデータチャレンジ2015, 2016, 2017地域拠点、鳥取ブロック、共同応募者

イベント開催

イベント発表


学位

  • 2014/03/18: 博士(工学)
  • 2011/03/18: 修士(工学)
  • 2009/03/18: 学士(工学)

賞罰

  1. World Academy of Science, Engineering and Technology, The ICCNC 2018: 20th International Conference on Computer Networks and Communication, Best Paper Award, “A Design for Application of Mobile Agent Technology to MicroService Architecture”, Masayuki Higashino, Toshiya Kawato, Takao Kawamura (2018/02/05)
  2. 合同エージェントワークショップ&シンポジウム2017 優秀ポスター発表賞, “モバイルエージェント技術によるウェブサービスのマイクロサービスアーキテクチャ化に関する一考察” (2017/09/16)
  3. 公益財団法人 学習ソフトウェア情報研究センター 平成29年度 第33回学習デジタル教材コンクール 日本教育新聞社賞, “SNSシステムを活用した情報モラル教育教材「とりりんチャット」”, 実践的情報モラル教育研究チーム (今度 珠美, 東野 正幸, 井上 仁) (2017/06/12)
  4. IEEE Computer Society Japan Chapter JAWS Young Researcher Award, “GAPを用いたキャッシュによるエージェントの同時集中移動時における通信量の削減” (2013/09/19)
  5. 鳥取大学大学院 エンカレッジ・ファンド授与 (2013/02/04)
  6. 鳥取大学大学院 エンカレッジ・ファンド授与 (2012/02/08)
  7. 鳥取大学大学院 工学研究科 博士前期課程 情報エレクトロニクス専攻 知能情報工学コース 研究優秀賞 (2011/03/18)
  8. 鳥取大学大学院 工学研究科 博士前期課程 情報エレクトロニクス専攻 知能情報工学コース 発表優秀賞 (2011/03/18)

スキル

  • プログラミング言語: Ruby, JavaScript, Java, Prolog
  • ミドルウェア: Ruby on Rails, Sinatra, OSGi, Android SDK
  • OS: macOS, Windows, Debian GNU/Linux
  • その他: LaTeX, Microsoft Office

その他

  • 2013年: 第12回情報科学技術フォーラム アルバイト サブリーダ
  • 2009年: 鳥取大学 産学・地域連携推進機構 企業応対データベースシステム開発 プログラマ
  • 2008年: 電気・情報関連学会中国支部第59回連合大会 アルバイト 発表会場係
  • 2006年: NPO法人 氷河・雪氷圏環境研究舎: Webサイト開発 プログラマ